WE DO KYOTO! 宣言書

私たちは、温室効果ガス排出実質ゼロ(※)を目指し、
次のエコアクションを実践することを宣言します。
※「実質ゼロ」とは、人間活動による温室効果ガスの排出量を、植林等による吸収量以下に抑えることをいいます。
※宣言者情報(団体名)は専用ホームページに掲載します。また、宣言いただいた内容(アピールしたいエコアクション等)についても、掲載させていただく場合があります。なお、「なりすまし」等を防止するため、確認の連絡を入れさせていただいた上で掲載します。


※下記よりフォームで宣言いただけますが、直接こちらよりWordをダウンロードして入力いただき、メールで添付いただいても宣言いただけます。
宣言様式【団体用】Wordファイルのダウンロード

宣言者

企業・団体・自治体等の名称 所在地(市町村名) 社員・職員数

担当者連絡先

担当者名 電話番号 メールアドレス

実践している又は実践してみようと思うエコアクション

※該当する項目の左の空欄にチェックして下さい

  • (例)
    • グリーン購入(必要性を考え、環境負荷ができるだけ少ないものを選んで購入)の推進
    • 白熱灯からLEDランプ等高効率照明への切り替え
    • 省エネ型設備やエコカー(電気自動車、燃料電池自動車、ハイブリッド自動車等)への更新
    • 再エネ(太陽光発電設備等)・省エネ(高効率給湯器等)・蓄エネ(蓄電池等)設備の設置
    • 購入、建て替え、改装時等に、環境にも健康にもよい断熱性の高い建物を選択
    • 海運・鉄道輸送の積極的利用
    • 再エネ由来電源の積極的利用
  • (例)
    • 照明、PC等のつけっぱなしや、水の出しっぱなしをしない
    • エコカー導入促進のためのワークプレースチャージング(職場充電)の導入
    • エコドライブの励行及び自動車利用の抑制(近距離の移動は徒歩や自転車を利用)
    • 緑化の推進
    • 地域における環境啓発、森林保全、里山保全等の環境保全活動の実施又は参加
  • COOL CHOICE ロゴ 1~2 のようなエコアクションにより、地球温暖化対策に役立つ、また快適な暮らしにもつながる「賢い選択」をしていこうという環境省の取組「COOL CHOICE(クールチョイス)」に賛同する
    詳しくはこちら : COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。ウェブサイト
  • 温室効果ガス排出実質ゼロに向けた取組を、快適で豊かな暮らしや地域づくりに結びつけるために、自分たちにできることやチャレンジしてみたいことについて、社内・団体内で話し合ってみる